確実に広がる政務活動費の領収書ネット公開。川崎市議会は・・・ | 重冨たつや(地域政党あしたのかわさき)公式ブログ

重冨たつや(地域政党あしたのかわさき)公式ブログ

市民による川崎市政を目指して活動中です。ごく一部の議員・市民による政治を終わらせましょう。
議会の説明責任を果たすために、議会報告会の開催を目指します。みなさんのご意見やアイディアなどお聞かせください。


テーマ:

政務活動費は、「議員の調査研究その他の活動に資するため必要な経費の一部」として自治体が議員に支給しています。

 

数々の残念な事件の影響で、その存在を知る方も多いかと思います。

 

この政務活動費は法律的には「交付することができる」とされていますので、支給しなくても大丈夫ですし、実際0円という自治体も多くあります。

 

つまり、支給しているということはその自治体(有権者)が「支給することを選択している」ともいえます。

 

こういう種類の支出なので、事件の有無にかかわらずもっともっとその金額や支出内容、効果について情報が行き届く必要があるように思います。

 

さて、この政務活動費は収支報告書などを議長に報告することになっています。

 

数々の事件は、この報告された収支報告書などの内容が住民には受け入れられない内容であったり、事実とは異なる内容であったりするところに端を発してきたことがほとんどです。

 

ではこの報告書はどのように公開されているのか。ここが今日の本題です。

 

ぜひみなさんの自治体でどのように公表されているのかチェックして頂きたいと思います。

 

「〇〇市 政務活動費」と検索して頂くと、公開方法などをご覧いただけるかと思います。

 

インターネットがない時代は、役場にいって閲覧するというのがスタンダードだったのだろうと思いますが、

 

現在は市や市議会などのホームページで公開されている自治体が増えてきました。

 

20ある政令市では、現在14市が収支報告書をネット公開しています。そのうち5市は領収書もネット公開しています。

 

さらに、来年度からは仙台市と静岡市が収支報告書などのネット公開を始めるとのことです。

 

ネット公開する側としては手間がかかるというデメリットが多少ありますが、

 

出資者である住民からすればより簡単に閲覧できるネット公開の方が望ましいのは当然のことです。

 

川崎市議会では残念ながら未だに何もネット公開していないため、平日8時30分~17時までに市役所に行かないとみることはできません。

 

政務活動費の金額は各自治体が条例で決めていますが、川崎市では1人あたり年間540万円が支出されていて、60人分で約3億円になります。

 

大きめの事業でも1年間でこれだけの持ち出しとなることはまれですから、現在の情報公開度は低すぎると言わざるを得ません。

 

私は政務活動費を受け取っていないので誤解されることが多いのですが、「活動費はお金の無駄だから0円でいい」と考えているわけではありません。

 

むしろ「どのように使い、どのように役に立ったのかが見える化されている活動費は議員にとっても市民にとってもメリットがある。」というのが私の考え方です。

 

ちなみに今政務活動費を受け取っていないのは、選挙のときに約束した報酬を削減するという約束をまだ果たしていないからです。

 

最近は、むしろしっかり使ってしっかり使途を公開して他の議員にプレッシャーをかけた方が意味があるんじゃないかとも考えるようになっていますが、ひとまずこの4年間は今のスタンスでいこうと思っています。

 

そんな政務活動費の公開方法について、「ネット公開を求める陳情」が市議会に提出されることがあります。川崎市にも提出されています。

 

この陳情がその後どうなったのか、、、それについてはまた来週ということで。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

重冨たつやさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。