重冨たつや 地域政党あしたのかわさき

市民による川崎市政を目指して活動中です。ごく一部の議員・市民による政治を終わらせましょう。
議会の説明責任を果たすために、議会報告会の開催を目指します。みなさんのご意見やアイディアなどお聞かせください。


テーマ:

ブログなどで繰り返しお願いさせて頂いていたアンケートの最終とりまとめをご報告いたします。

結果は上記のように、①子供施策、②財政規律、③安全+互助となりました。

 

所感ですが、この結果をパッと見たときに、行政の力の入れ具合と乖離しているなと思ったのはパラムーブメントです。

 

おそらくパラムーブメントが大事かどうかというよりは、

 

市民のみなさんにはまだまだ浸透していない概念なのではないかと思います。

 

これについては機会を見つけて、川崎市の掲げるパラムーブメントについて改めてご紹介させて頂きたいと思います。

 

さて本題というか、そもそもなぜアンケートを実施したのかというところなのですが、理由はふたつあります。

 

一つ目は、来年度の予算に賛成するかどうか迷ったから。

二つ目は、選挙以外で市民が政治に参加できる機会を作りたかったから。

 

一つ目については、これまでもお伝えしてまいりましたが、

 

私は、財政状況に目をつむった状態の市政運営に非常に危機感を持っています。

そこで、市長の公約にはない「財政規律」を追加した形で、市長の公約の何に市民がひかれているのかを知りたいと考えました。

 

結果は冒頭ご紹介したように、

 

市民(私の発信を受け取ってくださっている、決して多数とはいえない人数ですが)が財政によせる関心は相当なものだとわかりました。

 

今回私はこのことも踏まえて、予算案に対して反対しました。

 

ご参加いただき、本当にありがとうございました。

 

財政以外の回答部分についても、今後の私の活動の方針を決める参考にさせて頂きます。

 

アンケートを実施した二つ目の理由は、つい最近思いついたというわけではありませんが、

 

私は、選挙以外で政治に参加(意思表示)できる仕組みがもっとあってもいいんじゃないかと思っています。

 

というのも、議員側がブログや紙ベースのレポートなどで情報を発信していても、

 

受け取る側からすると、「自分たちの意思や選択」が市政に影響するということを実感しにくいんじゃないかと思ったからです。

 

もちろん業界団体やすでに議員とパイプがある人は、

 

ちょくちょく議員と話す機会があり、その時に困りごとを相談することはあるのでしょうが、

 

そういうことができない市民が少なくないからこそ地方議会には関心が集まらないのだと思います。

 

市政に参加するというほどおおげさなことではないかもしれませんが、

 

ちょっとした意思表示をする機会や仕組みがいろんなところに少しずつでもあれば、

 

「市に集められた税金を市がどう使うのかを決める」市政運営に関心を持ちやすくなるような気がしています。

 

アンケートの質問の深さなどまだまだ工夫しないといけない部分も多いですが、

 

また市政にご参加いただけるような機会をつくりたいと考えていますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

重冨たつやさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。