重冨たつや 地域政党あしたのかわさき

市民による川崎市政を目指して活動中です。ごく一部の議員・市民による政治を終わらせましょう。
議会の説明責任を果たすために、議会報告会の開催を目指します。みなさんのご意見やアイディアなどお聞かせください。


テーマ:

一昨日の文教委員会(市議会に5つ設置される委員会のうちの1つ)で、

 

教育行政を考える上でとても重要な意味をもつ市民からの陳情について議論がありました。

 

「教育委員会会議のインターネット中継を求める」という趣旨の陳情についてです。

 

現在川崎市の教育委員会会議では傍聴は認められていますが、人事案件などの時は非公開とされる他、傍聴人による録音なども認められていません。

 

今回の陳情は、公開している傍聴可能な部分についてはインターネット中継をやってはどうかというものです。

 

私は基本的にやる方向で検討してはどうかという立場です。

 

主な理由は、

・行政の会議体はできるだけ傍聴しやすい環境にすべき

・市議会はすでに導入している

・「公開しているから足を運んで下さい」というのは市民としては受け入れがたい

・教育委員会職員が市議会で虚偽の報告をしたことで議事録などへの信頼性が損なわれている

https://mainichi.jp/articles/20170519/k00/00m/040/095000c

 

などです。

 

一方、教育委員会が示した資料には以下のような見解が示されていました。

 

①法律では義務付けられていない議事録公開をすでにやっている

②他都市でやっているところはない

③中継されると教育委員が自由闊達な議論できない

④事務局の校正(文言整理)や教育委員の確認を経ない未成熟な情報が開示される

⑤正式な議事録とは別に未成熟なデータが併存することで市民に混乱を生じさせる

 

私は中継するデメリットが全くないとは思いませんが、

 

教育委員会から提出されたデメリットらしきもののみ列挙された資料を見てがっかりでした。

 

委員会でも言いましたが、

 

何か検討するときにはメリットとデメリットを比較して検討するのがフェアですが、川崎市の教育委員会はそういうことをしないようです。

 

今回の場合「インターネット中継をしない」ことが前提の資料作成だったのだと思いますが。。

 

①②は、中央集権に慣れてしまって自治の精神を失っていることを示す主張ですし、

 

③は、「教育委員には公の場で議論する資質に課題があると認識している」とすら聞こえます。

 

そんなことはないはずだと思い、これについて聞いたところ、

 

職員曰く「教育委員が自由闊達な議論ができなくなるとは思いませんが、、、」。

 

だとしたら、この資料に書いてあることは何なのか。。。

 

④は、校正作業や教育委員の確認によってどれほどの修正が行われるのかと疑問でしかないですし、

 

⑤は、すでにインターネット中継と議事録の併存を実現している市議会は「市民に混乱を生じさせている?」という主張なのかと。。。

 

ネット中継が行われた場合、部分的に編集されるということが考えられます。

 

確かにこれによって教育委員個人が誹謗中傷されるようなことは極力避けるべきだと思います。

 

そこで、傍聴者が教育委員の発言をメモなどして部分的に切り取る形で悪用されたことが過去にあるのかと聞いたところ、それはないとのことでした。

 

今川崎市教育委員会は、市議会に虚偽の報告をした件につながった事案について係争中なので、

 

大きく舵を切ることができないことは理解をしますが、それにしても教育委員会には毎回驚かされます。

 

結局この市民からの陳情は、

教育委員会の主張に疑問をもつ私と共産党の賛成、

教育委員会の主張を概ね理解したそれ以外の政党の反対、

で流れました。

 

力不足で無念です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

重冨たつやさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。