重冨たつや 新しい政治へ

市民による川崎市政を目指して活動中です。ごく一部の議員・市民による政治を終わらせましょう。
議会の説明責任を果たすために、議会報告会の開催を目指します。みなさんのご意見やアイディアなどお聞かせください。


テーマ:

私は国政の影響力(支持者)に頼った方法で、地方議員として当選することは望ましくないと思っています。

 

理由はいくつかあります。

 

国政の影響力に頼れば、その代わりに、国政選挙のときに恩返ししなくてはならず時間をとられる可能性が高いというのもそのひとつです。

 

「だとすると、地方議会の組織としてモデルとなる新しいタイプの組織が必要になる。」

 

そんな思いで半年前に立ち上げた、私が共同代表をしている地域政党あしたのかわさき。(といっても、まだまだ存在感0に近いですが)

 

立ち上げ前から気になっていた「地域政党連絡協議会」という集まりに参画しています。

 

協議会は、地域住民が自ら治める「自治」を実現すること。そして有権者の選択肢を増やして地方を活性化することを目指しています。

 

現在は、地域政党間の情報交換などの場として機能していて、

 

さらに年に2回行われる地域政党サミットでは、住民に開かれた形で様々な講師をお招きして政策の勉強会も行っています。

 

そしてこの地域政党サミットを、来年1月21日に川崎で開催することが決まりました。(暫定版の告知ビラはこちら

 

幅広く一般の方にも興味を持っていただけるようにと考え、さまざまな分野の講師を3名お招きする予定になっています。

 

まず一人目は、NPO法人YouthCreateの原田さんです。

 

このNPOは、「子ども・若者」が日本や自分の住んでいる地域へ主体的に関心を持てるような社会、

 

 「子ども・若者」の意見が政治・行政の議論の場に載るような社会を目指している団体です。

 

サミットの目標である「自治」を促進するために、彼らの活動から学ぶべきことは多いと思います。

 

2人目は、シェアリングエコノミー伝道師の佐別当さんです。

 

他国と比べるとゆっくりですが、民泊やライドシェアなどのシェアサービスは確実に日本でも浸透しつつあります。

 

シェアサービスは各自治体ごとに有効な活用方法が違うため、国による一律のルール設定は最小限であるべきだと思います。

 

となると、この新しい社会の流れについても、地域政党としてその最先端を知る方からお話を聞く機会が必要になります。

 

企業にお勤めの方も是非一緒にシェアサービスについて意見交換をしたいと思っています。

 

そして地元の元気企業代表としてお話頂くのが、ダンウェイ株式会社の高橋さんです。

 

ダンウェイさんは障がい者就労支援事業を行っており、抜群の就職率と定着率を誇っています。

 

現在の制度上の課題を、元川崎市教育委員という経歴も絡めつつお話頂きます。

 

地域政党のメンバーはもちろん、地域住民の方と一緒に地方政治について考える機会になればと思っています。

 

場所は武蔵小杉のユニオンビルをお借りします。

 

まだ3ヶ月以上先ですが、さっそく予定に入れて頂けると嬉しいです。

 

完全なイベント告知ブログにお付き合いいただきありがとうございました。PeatixとFacebookでのリリースは今しばらくお待ちください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

重冨たつやさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。