融資の審査 | 会計・税務・M&Aのメモ帳
2006-05-04

融資の審査

テーマ:金融

先日、融資の審査について知人に質問を受けましたニコニコ


しかし、融資についてあまり詳しくないので、元銀行員の知人に話を聞いてみました音譜


その元銀行員の人の話によると、銀行の営業マンは、割りと融資を引き受けたいのですが、上長の決済がおりないため、融資できないことが結構あるらしいです。


融資は、一般的に、融資担当の営業マン→融資課の課長→支店長→融資本部長→取締役会という流れらしいです。


基本的に支店長が承認したものは、その後、否定されることは少なく、支店内で決裁される案件の場合は、最終決裁者が支店長ですので、支店長をいかに説得するかがポイントになるそうですビックリマーク


営業マンも引き受けたいが、支店長が決裁してくれないというこが結構あるので、支店長が納得できるだけの材料を出すことが必要です。


その材料として、重要視されるのが①自己資本比率と②キャッシュ・フローです。


①自己資本比率とは、総資本に占める自己資本の割合(自己資本÷総資本)のことであり、これが高いほど返済義務のない安定した資金を確保していることが表れており、財務体質が良好であるといえます。


自己資本比率の全産業の平均は、約30%であり、これと比較することは自己資本比率の水準をみる上での一つの目安となります。


よくを言うと、「財務総研の法人企業統計調査」 等で産業別の自己資本比率と比較することが望ましいです。


次に、②キャッシュ・フローについては、特にキャッシュ・フローマージンとキャッシュ・フロー版インタレスト・カバレッジ・レシオが重視されます。


キャッシュ・フローマージンは、「営業キャッシュ・フロー÷売上高」により算定されます。この指標により、営業活動の結果、返済原資となる現金収支がどうなったかが読み取れます。 


キャッシュ・フロー版インタレスト・カバレッジ・レシオは、「(営業キャッシュ・フロー+利息支払額+税金)÷利息支払額」により算定されます。


この指標により、利息の支払能力をみることができます。営業キャッシュ・フローに利息支払額と税金を加算しているのは、キャッシュ・フロー版の「事業利益」を表わすためです。


事業利益=P/Lの営業利益+受取利息配当金+有価証券利息+割賦販売利息 により算定されるものです。


営業活動の成果である営業利益財務活動の成果である金融収益を合算することにより、当該事業全体の経営成果を示すものとして、財務指標において重視される利益です。


これらの指標をいかによくするかがポイントとなります。


ただ、赤字企業であっても周到な事業計画書を作成し、赤字が解消されることを示すことができれば、融資を受けることが可能らしいです。


それでも、融資を受けることができない場合には、信用保証協会からの保証を受けたり、ビジネスローンを受けることも考えられます。


うまく資金調達することができれば、有効に活用して、上記財務指標をよりよいものして、より有利な条件で資金調達するようにしたいですね音譜




ブログランキング  にほんブログ村 資格ブログへ



スタビさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス