人それぞれ。 | ♫みのむしくんの闘病days♫

♫みのむしくんの闘病days♫

2013年11月上行結腸癌が見つかりました。ステージⅢb。補助化学療法XELOXも終え、経過観察が始まりました。
いよいよ自分の力で“生きていく”ことへのチャレンジです。
まだまだ模索しながらも楽しみたいな。


テーマ:
先日、久しぶりに来られたお客さん。

見た目は元気な80歳手前のおじさんです。

もう70代でもご年配とかお年寄りとか言い難い年恰好の人が増えたよね。


毎日散歩もされていたのに、それもお休みしていたようです。


「いやぁ、実は入院して手術してね。」

前々から喉の辺りが腫れていて、検査したら甲状腺だと言われ、手術をしたら悪性だったらしいです。

後は放射線治療をして抗ガン剤を勧められたそうです。

詳しくは聞けてないけど、多分転移はなかったのでしょう

どうやら後の治療は受けたくないようでした。 

調べまくって
そこで出会ったある先生の書かれた本。

きっとあの先生の本だろうな。


治療なんかしなくても大丈夫論を熱く語ってくれました。

よくよく聞けば
放射線治療だけは受けるようで。。


結局、抗ガン剤を受けたくない言い訳をその本と出会った事で理由づけができたので、それを誰かに語って自分自身が納得したかったのだなぁと思いました。


抗ガン剤は毒だ、みたいな…。


力説してたのに、私もガンで、抗ガン剤もやった事が分かっちゃったら
ちょっとトーンダウン

気まずい空気がながれてしまったけど



ただね。
私がこうやってブログを通していろんな人と知り合えた上で思う事。

その人にはその人なりの
闘病の仕方があるって事。

別に私ゃそのお客さんを責めるつもりも反論するつもりもこれっぽっちもありませんよ。

私は
セカンドオピニオンもせずに主治医に勧められるままに手術をし、補助化学療法の抗ガン剤も受けた。
その頃の私にはその治療方針を覆すほどの知恵も情報もなかったし、
もし、転移再発したとしても、やった後悔よりやらない後悔の方が大きいような気がしたから。

今の私は
あの頃の自分よりは知識はあるかもしれないけど、
次に何か起こってもやらなきゃよかったなんて思わないだろうな。


そのお客さんにも
どんな理由であれ、もし次に何かが起こったとしても、自分で選んだ選択肢なのだから後悔する事なく受け止めてくれたらいいなと思うのでした。



あの先生がこう言っていたから。
ではなく

あの先生がこう言っていた事を自分が納得して受け入れたのだから。


ですね。


人のせいにすると気持ちは楽かもしれないけど、自分の心の拠り所がなくなりそうで怖い。
自分を見失いそうで怖いのです。 

自分の体の事は自分で責任を持ちたいと思うのです。

あくまでも私は、ね。









おととい、買ってみたよ~
{4E04529B-464C-47E1-B44D-F412F0D0494D:01}

知ってるぅ
”ロマネスコ”ちゃんドリルみたい。

去年までは”カリッコリー”という名で売ってたような気がするけど

イタリア原産のその名の通り(あ、カリッコリーの方ね)
カリフラワーとブロッコリーを掛け合わせたものらしいよ。

気にはなりつつ
お高かったので、いつも素通りしてたけど
今年はどうにかするとブロッコリーよりお安い時が

迷わずお買い上げ~

まずはシンプルに茹でてサラダに。
ブロッコリーより少し硬めで 歯ごたえがあるかな
茹で加減次第


食わず嫌いの息子は見た目のせいで食べてくれなかった


大きな株だったからまだ半分残ってて
後は何しようかなぁ~
またクックパッドで検索してみよう

そして我が家のベランダでノロノロと育ち中のブロッコリーちゃん
{22387588-1031-47FA-88E3-33F751B710EC:01}

もう4か月以上経つんだけどな
もうそろそろ限界かと思いきや、ちょこっとづつ大きくなってるような
収穫時期をためらってます。




今日はヒマ過ぎて早く帰れました

明日はお出かけしたいので
今日のうちにゴソゴソ家の用事をやっちゃいまーす




あっ、2月に突入だね。





みのむしくんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス