お味噌の寒仕込み

お味噌は、毎日の食事に欠かせない発酵食品。


大豆自体も栄養豊富な食材ですが、発酵の過程でさらに栄養価が高まります。


また発酵によって生み出される酵素の働きで、タンパク質やビタミン類などの栄養素が消化吸収されやすくなります。


味噌の研究が進み、ガンのリスクを下げる、コレステロール値を抑える、アンチエイジング効果など、現在ではいろいろな報告がみられます。


日本人の特性として、肉食にあまり適応しておらず、むしろ過剰な栄養状態に弱いとも言われています。


伝統的な和食でご飯とお味噌汁をとれば、必須アミノ酸をバランス良くとることができるため、基本は和食においた上で、多様になった食品をうまく取り入れていくことが望ましいとも言えるでしょう。


2月はお味噌の寒仕込みの時期。


我が家でもお味噌を仕込みました。


気温や湿度が低く、水質の点からも雑菌などの影響を最小限に抑えられるようです。


10カ月ほどの発酵の期間を経て、食べ頃になります。


手作りなら待っている間も心楽しく思えますね。






文責 三宮店 大西

スター漢方薬局三宮店


📠 078-391-2663

e-mail starsannomiya@yahoo.co.jp

Facebook ページ  twitter しています♪♪♪