乾燥の季節に百合

テーマ:

乾燥の季節に

秋の晴天が続いています。


とても気持ちの良い気候ですが、空気の乾燥が気になる季節でもありますね。


肺や気管支、喉や鼻の粘膜が乾燥し、コンコンと乾いた咳が続いたり、さらには肺と表裏関係にある大腸も乾燥してしまうので、便秘になりがちだったりという症状がでてきます。


そんな乾燥の季節に、頼りになるのが百合根です。


肺や気管を潤し不足している体液を補う作用があります。

咳止めや喉の渇きの改善に役立ちます。


また、心の熱を鎮め、高ぶった神経を落ち着かせる作用もあり、不眠や不安感、イライラなどを和らげるのに有効といわれています。


百合根は、ユリ科植物の隣茎(球根)で11月~2月が旬。


ホクホクとした食感ですので、マッシュしてポテトサラダに混ぜても美味しく頂けます。


また、茶碗蒸しにすれば、同じく潤す食材の卵との相性も良いですね。


百合根は生薬としては百合(ビャクゴウ)といい、古くから滋養強壮や咳どめ、鎮静などに使われてきました。


百合が入った商品に「百潤露」があります。






「百潤露」には、この百合とともに北沙仁、玉竹が含まれており、身体に潤いを届ける働きがあります。


乾燥症状などが気になる方、是非ご相談下さい。

文責 三宮店 大西


スター漢方薬局三宮店

📠 078-391-2663

e-mail starsannomiya@yahoo.co.jp