知柏地黄丸 (じばくじおうがん)


こんにちは。

三宮店の松木です。


たまには、方剤学のことも書かなければと思います。



六味丸に知母と黄柏が加わった方剤です。


六味丸に清熱が加わることで、相火を瀉するのですが、本には、陰虚火旺による骨蒸潮熱、煩躁、盗汗、など、燃え上っているような、陰虚の熱症状がすごいように書かれています。


しかし、表面的にそれらの症状がでていなくても、陰虚の虚熱が潜んでいる方には、他の方剤との組み合わせで、とてもよく効きます。


表面的には、冷え症に見えることがあっても、熱が潜んでいる場合、温剤を使うとかえってしんどくなります。


現代人の場合、すごいストレスを抱えていたり、過労やストレスによって陰血の消耗が激しいなど、やはり、陰血不足の傾向は多いのです。


しかし難しいのは、湿がからんでいる人が多いということです。


六味丸には、利湿が入っており、潤して清熱できます。しかし、六味丸では効果を感じるのに時間がかかりますので、知柏地黄丸が使いやすいのです。


そういうわけで、よくお出しする方剤となりました。


虚熱がひどくない方は、杞菊地黄丸でも良いです。

健康維持のために服用しておられる方は、お肌も艶々していますので、アンチエイジングにもなります。

サプリメントを服用しようか考えているかたは、地黄丸系をご検討いただいてもよいかと思います。


スター漢方薬局三宮店

📠 078-391-2663

e-mail starsannomiya@yahoo.co.jp

Facebook ページ  twitter しています♪♪♪