学校とは本来、子どもたちにとって楽しい場所であるべきです。 | star☆mayのブログ ~2人の自閉症児とうつ病の妻を抱えたパパの奮闘記~

star☆mayのブログ ~2人の自閉症児とうつ病の妻を抱えたパパの奮闘記~

自閉症と診断された2人の子供。
うつ病と診断された妻。
家族が、家族であるために。
右往左往しながらも、とにかく前を向いて、
一歩づつ、一歩づつ歩んでいます。


テーマ:
学校(保育園)は本来、楽しい場所であるべきです。
それが、子どもたちにとって苦痛の場所であってはなりません。

もし、そうなってしまったのであれば、大変悲しい事です。

私は毎日、mayに保育園での様子を聞くようにしています。
しかし、聞き出せる話は非常に断片的で、mayの話だけを聞いてもさっぱり判りません。
先生の連絡ノートをみたり、直接先生に尋ねたりする事で、ジグソーパズルの相手が見つかったかの様に、話がピタッと噛み合う事があります。

自閉症の子どもたちは、自分の事をうまく伝える事が出来ない子が多いです。
その為、先生との連携が非常に重要になってきます。

子どもが笑顔で登校(登園)できる為に、親である私たちが出来る事。
それは、子どもの事を良く観察し、異常を見逃さない様にセンサーを磨いておく事。
そして、先生とのネットワークを築き、連絡を密に取り合う事。

子どもたちが人間関係で躓き、御互いに深く傷つけられたり、傷つけたりしてからでは、修復に時間がかかってしまいます。

子どもたちの笑顔の為に、がんばりたいものです。




【今日の名言】
中尉……私は少し歴史を学んだ。
それで知ったのだが、人間の社会には思想の潮流が二つあるんだ
命以上の価値が存在する、という説と、命に勝るものはない、という説とだ。
人は戦いを始めるとき前者を口実にし、戦いをやめるとき後者を理由にする。
それを何百年、何千年も続けてきた……
このさき、何千年もそうなんだろうか。

ヤン・ウェンリー :自由惑星同盟 元帥 (銀河英雄伝説)



ランキングに参加しています。応援して頂けると大変励みになります。
宜しくお願い致します。

  人気ブログランキングへ 

応援クリック、コメントを頂いた皆様、ありがとうございます。

Twitter を利用しています。
フォローして頂ければ大変光栄です。

starmayさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス