明後日退院致します

テーマ:
私、明後日に退院となりました。

病院では、

看護師さんに支えられ、患者さんとの生活の中で幸せをみつけて、日々努力して参りました。

今日の夕方は、担当の嶋田看護師さんと、最後に病院の廊下を散歩させて頂きました。

入院生活で、人生の勉強を沢山させて頂きました。

私は、人の良いところを見て信じてあげないと、自分自身が成長しないだろうと思いました。

看護師さんは、私の良いところを見て、良いところを信じて、日々辛いことがあっても支えてくださいました。

入院したときは、人生に疲れてもう生きていけないと思っていました。

患者さんも退院に向けて。

患者の私たちが努力する。

それを温かく見守って看護してくださり。

患者さんが人生設計を立て直して元気になり、御礼を言って退院していくと、

この仕事をして良かった

人と人が繋がって色々な人に出会って生きていくんだなぁ

と、幸せな気持ちになる。と、

嶋田看護師さんが私に話してくださいました。










本当に、人って素敵だなぁ

と思いました。

嶋田看護師さんがしてくださったことは、

嶋田さんだけができることではなくて、

人が力を出せば、誰にでも人を助けることができる。

それは、

人々が力を合わせれば、どんな辛いことも乗り越えられる。


そう教えて頂いた気持ちでいます。


私は、今回の入院で、

自分が1番不幸だと心の底から思っていたでしょう。

でも、別れた女房に許して貰ったのではなくても、

また別のかたちで、全く知らなかった人に助けて頂いて、

一回りも二回りも成長して、

退院することができること。



許して貰って元に戻るより、自分が頑張ったことで、それ以上に成長させて頂きました。


私の亡くなった母が良く言っていました。


その人に恩返しや、償いができなくても、

沢山の人に、その人への恩返しや、償いをすれば、

神様が見ていて誉めてくれたり許してくれたりすると。



そして、闘病生活で

自分自身と闘って思ったことは、

あの人は幸せだ、あの人はそうでないと、人と比べるのでなく、

私は幸せなんだと思えるくらい努力して、

自分を誉められること。

が大切なんだ。

そう思います。

今、

嶋田看護師さんが最後に挨拶をするために、

病室へきてくださいました。

本当にありがとうございました。

さようなら!

お元気で!

そう心を込めて嶋田さんに言いました。

もう会うことがないと思って、嶋田看護師さんを思っていると、

人を助けるのは理屈じゃない!

人として当たり前のことをしただけです!

と、

私の心の中で嶋田さんが

おっしゃっている気がします。




何もかも考えられないくらい、

看護師さんを思います。


そう。


人は理屈じゃないんです。


一緒にいるのも、離れているのも、

何かの理由があるかも知れませんが、


人と人には、理屈じゃ済まされないもっと大きな力があるのかも知れません。


あなたに会えて良かった。


本当に良かった。


あなたは、読んでくださっているあなたも、お世話をしてくださった看護師さんも。


本当に!

あなたに会えてよかった。




あなたが悲しまないように、

いつも、いつまでも私は幸せですと言おう。


それがあなたにできる私の努めだと。

そう生きていこうと思います。



僕は、闘病生活を終えるにあたって


僕は世界で1番幸せですと言います。




どうか神様。


いつまでも、

看護師さん、先生の心の中に届きますように。




神様

神様にもう1度頂いた命で

神様に恩返しできなくても、

沢山の人に恩返しをして生きていきます。





毎日笑顔で、

沢山

笑って、笑って、笑って。


笑顔で人と人が繋がって

いつまでも生きていけますように。







明後日は退院。


病院生活は終了。


沢山考えて、沢山励まして貰って、沢山泣きました。


お金も裕福ではない。

でも、

あなたも、

みんなも、

幸せですと笑って言ってくれる。

それが1番の幸せだと。



自分を大切にすること。


それが私の

あなた、

みんなにできる

大切な大切なこと。


特別な意味がなくても

あなたと私がいつも側にいる。



あなたがいて、私がいる事に特別な意味がなくても、

特別な毎日を送れることに感謝致します。



人と人が生きてるって素晴らしい。

私は、一回りも二回りも成長しました。

幸せ。

私は、生まれてきて良かった!





退院まで

後2日!