日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー

「古教 心を照らし 心 古教を照らす」という中国の教え。本に読まれるのではなく、自分が主体となって読むことこそ「活学」になるという意味です。運命学も各占術の書籍のみに盲従せず、実占を通して活きた開運学に醸成することが肝要。おもむくまま雑感を記します。


テーマ:
本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉 です。


2018年(平成30年)は一体、どんな年になるのか。本場中国式の運命学で生まれ年の干支(えと)から金運、仕事運、恋愛結婚運、健康運、総合運を見ていきます。


2018年の各えと生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれとら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれたつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれひつじ年(未年)生まれさる年(申年)生まれとり年(酉年)生まれいぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に紹介していきます。

今回はとり年(酉年)生まれの平成30年(2018年)の運勢を見ていきます。


とり年(酉年)生まれは、1933年(昭和8年=癸酉年)生まれ、1945年(昭和20年=乙酉年)生まれ、1957年(昭和32年=丁酉年)生まれ、1969年(昭和44年=己酉年)生まれ、1981年(昭和56年=辛酉年)生まれ、1993年(平成5年=癸酉年)生まれ、2005年(平成16年=乙酉年)生まれです。
日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 【酉(とり・ユウ)】天源占いでは堕(ダ)。計画性があり、先見の明あり。創意工夫し、実利的な知恵がある。几帳面で理解力あり。世情に通じ、好き嫌いで判断。人の気持ちを気にする。余裕があり、大事を企てる。格好良さ、体面を重んじる。せっかちで短気。時で言えば9月、午後5~7時、秋。方位は西。五行は金。正気蔵干は辛(かのと=金の弟)。



【2018年(平成30年)のトリ年(酉年)生まれの運勢】


昨年が酉年だった影響で、まだ、全体的に運気が不安定で、今年の太歳(戌)とは害の関係なので凶星の圧力から脱することができず、煩わしさが付きまとい、心がスッキリしない時期があります。仕事運は上昇しますが、トラブルが絶えず、言葉での言い争いに注意。とくに上司や同僚との人間関係に注意を払いましょう。自分の所属するグループを通して出世、昇進のチャンスを得られやすく、目上の信任からチャンスがあります。まったく未知の経験したことのない仕事、知らない場所で、見知らぬ人の協力を得ながらチャレンジする開拓のチャンスもあり、心の重圧をはねのけて、伸び伸びとやっていけるメンタル部分の補強が大切になります。

【2018年に回座する酉年生まれの主な吉星と凶星】


吉星:とくになし
凶星:病符、暮越、六害、空亡

 

今年は太歳とは害の関係なので吉祥現象は少なく運勢は低迷気味です。昨年に比べれば運気は良いですが人間関係には特に注意が必要。つまらない人とのちょっとしたトラブルを軽視しないようにして細心の注意を払いましょう。凶星「病符」が入宮しているので体の異変の注意し、適度の運動を行い、健康維持に気をつけましょう。


【仕事運】


 
仕事運は大きく変化、人事異動などが起こりやすい時期で、良い人との縁を惹き付けやすい。とくに辰年生まれ、巳年生まれ、丑年うまれの人とは仕事上、とても良い関係を築けます。今年は吉星が少ないですが、仕事上、良いグループの協力、一体化で仕事が大きく飛躍するでしょう。
 
 
【金運・財運】

貯蓄運を中心に財運自体は着実に上昇する時です。株式投資などの偏財運はごく普通の運気ですので、高リスク高リターンの投資には向かない時期。見知らぬ人からの投資話、知人友人からの甘い投資話に乗ってはいけない時で、いかに現状を守り抜く姿勢を貫くかが大切な時期です。



【健康運】

 
 凶星「病符」が回座しているので健康運は弱く、財の損失によるショックから病院通いになりやすい。ある程度の金額を用意しても、健康チェックのための人間ドックなどに行くべき時です。食生活の改善には良い時ですが、ダイエットのやり過ぎは逆効果。きちんと一日三度の食を守り、バランス良い食生活が運気回復のポイントになってきます。


【恋愛結婚運】

 


 感情が不安定で、本命ではない異性との出会い、トラブルで苦労することがあります。既婚者の場合、配偶者と関係でケンカが絶えない時期であり、悪くすると、不倫へ走る場合があるので、平常心を持ってコミュニケーションを大切にする時です。未婚の人は人が集まる場所で出会いが増え、良縁を得るチャンスが得られやすい。



【酉年生まれの基本開運情報】

有利な時期=巳月、巳日、巳時あるいは丑月、丑日、丑時

社交に良い時期=午月、午日、午時

転職時期=亥月、亥日

売買吉祥時期=子月、子日

協力者=巳年、午年、辰年の各生まれ

ラッキーナンバー=2,6

ラッキーカラー=黄土色、コーヒー色、グレー色

不安定な時期=卯年、卯月、卯日、卯時、酉年、酉月、酉日、酉時

凶方=東、北東


とり年(酉年)生まれの2018年(平成30年)の運勢についてはあくまで生まれた年の干支のみを鑑定しての予測となります。同じ年に生まれた人は数百万人前後います。あくまで運勢を見るための入り口に過ぎず、大まかな傾向であり、生まれた月の干支、生まれた日の干支、生まれた時間の干支によって運勢は大きく変わっていきます。生まれた月、生まれた日がさらに重要なのです。


本ブログでは、2018年の各えと生まれの運勢をねずみ年(子年)生まれうし年(丑年)生まれとら年(寅年)生まれうさぎ年(卯年)生まれたつ年(辰年)生まれへび年(巳年)生まれうま年(午年)生まれひつじ年(未年)生まれさる年(申年)生まれとり年(酉年)生まれいぬ年(戌年)生まれいのしし年(亥年) 生まれ をそれぞれ、詳細に紹介します。

それぞれ一人ひとりの運勢は同じ干支(えと)生まれでも十人十色です。真に自分の運勢を知りたい場合、公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「四柱推命」欄 「大吉祥! 読むだけで覚醒する2018年の運勢」   を本格鑑定できるようにしています。関心のある方はご覧下さい。



  ☆-----★-----☆-----★-----☆




九星気学で見る2017年(平成29年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい)三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。
 


さらに九星気学で見る2018年(平成30年)の運勢を一白水星(いっぱくすいせい)二黒土星(じこくどせい) 三碧木星(さんぺきもくせい)四緑木星(しろくもくせい)五黄土星(ごおうどせい)六白金星(ろっぱくきんせい)七赤金星(しちせききんせい)八白土星(はっぱくどせい)九紫火星(きゅうしかせい) の順で紹介しています。

引っ越しや旅行など、本格的な吉方を知るための九星気学風水鑑定は非常に参考になります。さらには2018年の運勢が一体どうなるかを見るには「読むだけで覚醒する2018年の運勢」 をお申し込み下さい。


天地人の運勢鑑定」 にある本格仕事運鑑定コースでは、この点、本格的に鑑定を受けられますので、関心のある方々は鑑定申し込みフォーム からお申し込み下さい。音譜


仕事運についても、国や地域を越え、この問題については全世界共通ですね。

ネットで鑑定を受けたい方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 をご覧下さい。

 


  ☆-----★-----☆-----★-----☆



福岡占いの館「宝琉館」 では2年前に赤ちゃんの命名をした妊婦さんが第二子の赤ちゃんの命名を再び依頼され、すでに素晴らしい吉祥名を授けました。


「元気にすくすく、みんなに愛されて育っているので、また、良い名前をつけていただきたい」とのことでした。


7年ほど前から赤ちゃんの名前の命名を本格的に行い、リピーターもかなり増えてきています。


やはり、依頼する側と依頼を受ける側の信頼関係が大切ですね。


昨今、赤ちゃんの名づけ本が膨大になり、何が良くて何が悪いか、分からない親が多くなっています。


流行に流されるだけの名前は決して吉とは言えません。吉祥名の良さは時間が経つことに、その安定性、安泰さで実感していけます。


姓名学の専門家にしっかりと相談して最終的には親が決めるのが良いでしょう。


「良名は億万の富に優る。身は一代、名は末代」という言葉もある通り、姓名はとても大切です。

赤ちゃんの名づけに関しては公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 「姓名判断」のコーナー をご覧下さい。


●十干配合法による字画・数理診断。

●三才・五行相剋法による診断。

●字源・字形・紫微斗数による診断。

●音韻・読み方による発音診断。

●人象地象配合干によるその年代の年運診断

名判断 は、一人2,000円(姓名判断による相性は500円プラス)。代金引換による鑑定書印刷送付の場合、送料と印刷代合わせて一人3,000円になっております。


子供が生まれると、うれしい半面、なかなか決まらないのが赤ちゃんの名前。


わが子が一生背負うものであり、将来の幸せを願うあまり、ついつい肩に力が入ってしまいがちです。


福岡占いの館「宝琉館」 では姓名判断の吉凶を極め、最高の吉祥名を命名していきます。


■命名のポイント


 ●四画(天画以外の人画、地画、総画、外画)をすべて吉数にする


 ●三才五行の流れが凶意がないものにする


 ●使用する漢字が凶意のないものにする


 ●全体の見た目や音の響きなどバランスを考える


 ●他人が読みづらいあて字や奇抜なキラキラネームは考えもの


 ●形の似た漢字や「偏つくり」が同じものは避ける


ちゃんの名づけは、初回、3万円。二子目、三子目は2万5千円となります。大人の改名は3万円です。


当方では、こちらで最終候補を絞り込み、最終候補の中から親がどれにするか、決めていく方法を取っています。

詳しくは宝琉館 、あるいは深川宝琉(電話090-3416-6230)に直接お問い合わせ下さい。


業の際の商号・屋号・会社名の命名。

 

会社名や屋号の画数の吉凶、店舗に良い画数、漢字などを含め、お客様の希望に合った命名をいたします。1件3万円です。

 


  ☆-----★-----☆-----★-----☆

 


 

【運命学スクール 宝琉館】

 

運命学スクール「宝琉館」館長 深川宝琉

《住所》
福岡市中央区福岡市中央区六本松4-9-35第二吉川興産ビル403

 

※地下鉄七隈線の六本松駅から徒歩3分。コインパーキングが隣接しています。西鉄「六本松」バス停徒歩1分。

 

鑑定予約 ℡090-3416-6230

宝琉館 ℡&FAX:092-771-8867(携帯電話での予約が確実です)

■直接鑑定は予約者優先です。電話で日時を予約調整後、ご来館下さい。

 

《ホームページ》
「天地人の運勢鑑定」  

関心のある方はご覧下さい。
 

【福岡占いの館「宝琉館(ホウリュウカン)」のルートマップ】


 福岡占いの館「宝琉館(ほうりゅうかん)」 は地下鉄七隈線六本松(ろっぽんまつ)駅から徒歩2分の便利な場所にあります。


 

福岡市内はもちろん、九州各県や関西、関東、沖縄、東北、北海道からもご来館されていますので、福岡空港や博多駅、西鉄天神駅からのルートをご紹介し、わかりやすくご来館できるようにしています。

 

博多駅⇒天神駅⇒徒歩で南天神駅⇒六本松駅


六本松駅は地下鉄七隈(ななくま)線で始発駅の南天神駅から6番目の駅です。

 

福岡市内であれば地下鉄以外にも西鉄バスで六本松行きで下車。地下鉄六本松駅を目印に徒歩2分で宝琉館に到着できます。

 

場所がわからない方のために電話で説明することもありましたが、このルートマップを使えば間違うことはありません。


 
 
 


 

 
                                                                            
















 

 







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

深川宝琉@「天地人の運勢鑑定」さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります