日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー

「古教 心を照らし 心 古教を照らす」という中国の教え。本に読まれるのではなく、自分が主体となって読むことこそ「活学」になるという意味です。運命学も各占術の書籍のみに盲従せず、実占を通して活きた開運学に醸成することが肝要。おもむくまま雑感を記します。


テーマ:
本ブログを閲覧いただき、ありがとうございます。


「天地人の運勢鑑定」 を主宰している深川宝琉です。

8月に入り、九州地方は夏休み真っ只中で、すっかり真夏モードです。海水浴や川遊び、プールで楽しみ、冷やしたスイカやそうめん、風鈴の音が心地良い時期を迎えました。


これから、大いなる一歩を踏み出して人生の大海原を航海する羅針盤が必要な人もいるでしょう。


8月6日(土)は午前11時~午後7時は深川宝琉による直接開運鑑定会を宝琉館六本松本館 で行っていきます。


全国各地からご来館されていて、泊まりがけで鑑定を受けられる方も多く、大変熱心です。 


8月7日(日)、8日(月)は午前11時~7時の期間、福岡占いの館「宝琉館」天神店 で深川宝琉による直接開運鑑定会を行います。


電話(携帯09034166230 固定電話092-771-8867)あるいはメールで鑑定日時を調整し、予約確認後にご来館ください。


引っ越しの吉方位、吉方位旅行、赤ちゃんの名づけ、占いスクール の紹介なども行っています。先着予約優先です。


先着優先です。初夏への入り口を迎え、じっくり鑑定を受けたい方はご連絡下さい。




  ☆-----★-----☆-----★-----☆-----★----☆




日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー ここ10年ほど、パワースポットという言葉が流行となり、メディアでもパワースポット巡りを特集し、まるで観光名所案内のように紹介しています。


だれでも万人がそこに行けば良いという単なる神社仏閣巡り、観光スポット巡り、秘境地巡りがパワースポット巡りなのでしょうか。


人はそれぞれ、生まれ育ちが違い、家系での背景が違います。


人は、この地上に生まれた時、必ず、「縦(たて)の線」と「横(よこ)の線」が交わって誕生します。


縦(たて)の線」とは、自分の父、母、その連綿とした先祖からつながっている家系です。


横(よこ)の線」とは、生まれた場所、地縁、兄弟姉妹、血縁、隣近所、地域社会、親類縁者です。


日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー この「縦(たて)の線」と「横(よこ)の線・面」を度外視してパワースポット巡りをしても、最大の効果を見込めないどころか、逆効果になることもあります。


逆にピッタリ合えば、素晴らしい運気が注がれ、心底、勇気と自信にみなぎって、新しい絆、人との縁、健康運、金運、異性運、仕事運に恵まれていくのです。


これを私は「縦横の法則」と呼んでいます。


日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 本人にとって「縦の線」との所縁(ゆかり)が深い場所、「横の線」との所縁(ゆかり)が深い場所は違いがあります。先祖からつながっている神社仏閣、場所との関わり、そして、自分が住んでいる地域と兄弟姉妹の関係にあるような土地柄を巡り、「縦の線」から燦々(さんさん)と降り注ぐエネルギーをいただき、「横の線」からの関わりで湧き出るパワーをいただいて、大いなる気をいただいていくことが大切なのです。


そして、人には運気の上がり下がりがあり、時々によって運気が千変万化します。


これが風水上の吉方、凶方とかかわる「時運・方位の法則」です。


この二つの法則を使いながら、その時、その時に本人にピッタリ合ったパワースポット巡りをすると、巡った後、数倍、数十倍の福を得て開運していくということになります。


天の時」があり、「地の利」があり、「人の和」があって開運します。


パワースポットとは、本来、「天地人合一」の聖なる場所なのです。

日本国民であれば、大みそかのテレビ番組「紅白歌合戦」を知っていますね。


運動会でも紅白に分かれて戦います。


日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー この「紅白」というのは、実は武士と縁が深いのです。


平氏は赤い旗、源氏は白い旗を掲げて戦っていたのですが、これが紅白の色分けの始まりとなったと言われています。


日本人であれば、先祖をたどっていった場合、必ず、源氏か平氏につながるといわれます。


源氏であれば、清和天皇を発祥とする清和源氏。源義家、義朝、頼朝、義経などの流れをくむ家系です。


日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー


平氏であれば、桓武天皇を発祥とする桓武平氏。平将門や平忠盛、平清盛の流れをくむ家系です。

日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー パワースポット巡りをしたいという日本人が家系的に見て、清和源氏により深い縁がある家系であった場合、源氏の所縁深い神社仏閣を巡った方が良い気を得られるでしょうか、平氏の所縁深い神社仏閣を巡った方が良い気を得られるでしょうか。


明らかに源氏の所縁深い神社仏閣です。


日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 逆に家系的に平氏との所縁が深い人であれば、平氏の所縁深い神社仏閣の方が力を得られやすいはずです。


ここで紹介する動画は源氏と所縁深い鎌倉の鶴岡八幡宮 と平家の所縁深い平清盛が建造した広島県の厳島神社 です。


いずれも素晴らしい気のパワーがありますが、動画を閲覧した時、見ている本人が、どちらの動画を見ていた時の方が力が沸いてくるか、心に安堵感や安息感を抱くのか。


日を新たに命を立つ ホウリュウの開運鑑定ダイアリー 人によって、実は家系的背景によって受け止め方が違ってくるのです。


自分にピッタリ合うパワースポット探しをする場合、この観点は欠かすことはできません。


先回、ご説明した通り、この「縦(たて)の線」と「横(よこ)の線・面」を度外視してパワースポット巡りをしても、最大の効果を見込めないどころか、逆効果になることもあります。


逆にピッタリ合えば、素晴らしい運気が注がれ、心底、勇気と自信にみなぎって、新しい絆、人との縁、健康運、金運、異性運、仕事運に恵まれていくのです。


これを私は「縦横の法則」と呼んでいます。

本人にとって「縦の線」との所縁(ゆかり)が深い場所、「横の線」との所縁(ゆかり)が深い場所は違いがあります。先祖からつながっている神社仏閣、場所との関わり、そして、自分が住んでいる地域と兄弟姉妹の関係にあるような土地柄を巡り、「縦の線」から燦々(さんさん)と降り注ぐエネルギーをいただき、「横の線」からの関わりで湧き出るパワーをいただいて、大いなる気をいただいていくことが大切なのです。


最近、パワースポットやスピリチュアルスポットなどと呼ばれるようにもなった場所は本来、信仰に場であって自然崇拝が行われていた場であったところが多いですね。


これらの場所は「聖地(sacred place)」などと呼ばれていました。自分にとってピンと来る聖地を「縦横の法則」から厳選していくことが大切です。


人は「天の時」があり、「地の利」があり、「人の和」があって開運します。


当方では、その時々に応じて一人ひとりにピッタリ合ったパワースポットを探し出し、有料で推挙します。関心のある方は公式ホームページ「天地人の運勢鑑定」 からお申し込み下さい。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

深川宝琉@「天地人の運勢鑑定」さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>