〔NHK大河ドラマ〕江~姫たちの戦国~ 第30回「愛しき人よ」 っていつまで姫やねん?! | こちら、きっどさん行政書士事務所です!

こちら、きっどさん行政書士事務所です!

大阪市西区で
「ケイアイディ行政書士事務所」を開設した
すたーだすときっどさんの奮闘ブログです。

「しっとう?岩田亜矢那」の姉妹ブログですよん!!

本編については、何ら語るべきとこ無し!

て事で論点を変えよう。

「江~姫たちの戦国~」
というタイトルだけど
いつまで江は姫やねん?

出家するまでは
「お姫様」?のつもり??
秀忠にお姫様抱っこしてもらうの???

Yahoo!辞書の大辞泉で調べてみると
1 女子の美称。「歌―」「乙―」⇔彦。
2 貴人の娘。姫君。

一応、娘も調べてみると
「嬢/娘」として
[名]未婚の女性。むすめ。代名詞のように用いることが多い。
「―ちゃん」「お―さん」

う~ん、きっどさん的には
「あんみつ姫」をイメージとして

14、5歳くらいまでの、未婚の上流武家の娘

てな感覚があるので
3度目の結婚で、お子様も居る22~23歳の立派な御婦人、レディに対して
いつまで「姫たち」やねん?
前にも言うたけど、とっくの昔に「戦国」も終わっとるし!
てか11月頃には50歳超えてても
「姫たち」かい?


ただ、「ひめ」とは元々「日女」「比売」
記紀の中では女性の神様の事である。
「ひ」が美称で「め」が女性を表す。

その流れで行くと、江ぐらいの立場の女性を
「姫」でも問題ないのだが、
そうすると秀忠は
「彦さま」である。

ペタしてね