大河ドラマ 龍馬伝 第13回 「さらば土佐よ」 | こちら、きっどさん行政書士事務所です!

こちら、きっどさん行政書士事務所です!

大阪市西区で
「ケイアイディ行政書士事務所」を開設した
すたーだすときっどさんの奮闘ブログです。

「しっとう?岩田亜矢那」の姉妹ブログですよん!!


史実の上では、上士の後藤象二郎が
郷士の坂本龍馬如きを暗殺
しかも毒殺するなんて記録は残っていないし
どう考えても、そんな必要がない。
だいたい、龍馬があんなに吉田東洋に買われていた
という話も聞いた事がない。

確かに龍馬にとって象二郎は、幼馴染の半平太を切腹させた
恨み深き相手であるし、
象二郎は、龍馬の考えた船中八策を我がアイディアとして容堂に進言する
というコスイ行動を取ったりするが
それは、遥か先のお話。
この時点で象二郎から見て、龍馬如きは取るに足らない相手、
勿論、暗殺するような理由なんてある筈もない。
てか殺したければ、腹を切らせれば良いのだ。

そして、龍馬が遂に脱藩した。
ドラマの中ではその理由は明確にされず
まるで日本国中を見て回りたい為に脱藩したようなイメージだが
現実の脱藩は、そんな簡単な理由で出来得る物ではない事は常識。
本当は薩摩の島津久光の率兵上洛を、勤王倒幕の挙兵と思いこみ
土佐藩内でも脱藩して京都へ行き、
薩摩藩の勤王義挙に参加しようとする者が出て来た

半平太は半平太で藩論を尊王攘夷に統一する
「挙藩勤王」を目指し脱藩せずに、吉田東洋を暗殺に走る訳なんだけど。

ただ、島津久光の真意はこの時点ではあくまで公武合体であり
その中で有名な「第1次寺田屋事件」が起こる訳で
せっかく脱藩までした龍馬達は宙に浮いてしまうのだが、、、

次週より、その宙に浮いた事が
龍馬を広い世界・大海へと解き放って行く。