大河ドラマ 龍馬伝 第5回 「黒船と剣」 | こちら、きっどさん行政書士事務所です!

こちら、きっどさん行政書士事務所です!

大阪市西区で
「ケイアイディ行政書士事務所」を開設した
すたーだすときっどさんの奮闘ブログです。

「しっとう?岩田亜矢那」の姉妹ブログですよん!!

当時のアメリカと言えば
欧米列強の中では二流国も二流国
そんな程度の国が、たった船四隻でやってきたくらいで
国全体が大騒ぎというのも情けない話だが、
結局、その二流国の暴力をバックにした脅しに屈して
幕府は開国に応じてしまう。

開国が結果的に良かったかどうかは別にして
軍事力を背景に、相手国を自国を思い通りにする、
地上げ屋同様の手法と、
アメリカの正義は世界の正義、という思い上がりは
当時も今も何ら変わっていない。
この時から、日本はアメリカに侵略されたのだ。
「リメンンバー浦賀」
この屈辱を決して忘れてはいけない。

平和な江戸時代に慣らされて
ノー天気だった武士達が
志士に変わるきっかけとなった
「黒船来航」
この騒動がなければリア・ディゾンもフサイチリシャールも存在しなかった。

龍馬はまだまだ、暗中模索のままだが
桂小五郎や武市半平太は覚醒し、
そして我が尊敬する吉田松陰先生の狂気が生まれた、
そう「幕末」の始まりである。


にほんブログ村 トラコミュ 大河ドラマ「龍馬伝」へ 大河ドラマ「龍馬伝」