八重山地区の教科書採択問題

テーマ:
こんにちは

たぶん日本にいるみなさまはタイトルの件はニュースで見たりしていると思います。
ひょっとしてマスコミの小細工で知られていないのでしょうか。

わかりやすく言いますと
教科書採択には、ある決められた地域内では同一教科書を使用しなければならないという地域があります。
その地域で使用する教科書を選定するには
その地域で選ばれた教育委員会からなる協議会での合議で決まるとなっています。
そしてその協議会で決まった教科書を国は無償で配布することができるのです。
これは法律で制度化されているのです。

そして今回
石垣市、与那国町、竹富町からなる八重山地区という地域の教科書選定で決まった教科書に対して、
その後、石垣市と与那国町の教育委員会は協議会の議決通りに採択したのに
竹富町の教育委員会は協議会で決定した教科書を不採択にしたのです。

さて本来なら
こういう事態になったなら、その地区を管轄する沖縄県教育委員会によって解決が図られなければならないでしょう。(つまり採択された教科書に一本化するようにする=法的拘束力のある決定に従う)

しかしながら、ここからちょっとややこしくなってきたワケです。
こともあろうに沖縄県教育委員会は、むしろ反対した竹富町に合わせるように
「世論が納得しない」「批判のない教科書が望ましい」「県民が納得する教科書が望ましい」などとして竹富町の決定を後押ししたのです。

これにはワケがあって、
竹富町が不採択とした育鵬社の公民教科書は、
実は沖縄県では左翼反戦活動家や平和教育グループらがこの育鵬社や自由社などの不採択を求める反対運動を盛んに展開しているのです。

そして沖縄県教育委員会はなぜか石垣、与那国、竹富の教育委員全員による協議で決めましょうと言い出したのです。そしてそこで出した結論をもって決定としましょうと。

これは明らかにおかしくて、
そもそも八重山地区の協議会での決定はすでに法的な拘束力があるのです。
そして沖縄県教育委員会が言い出した全員での協議なんて何の法的拘束力も持たないのです。


ところが沖縄県教育委員会は、その法を都合のいいように解釈し
自分たちの提案した「全員による協議」でも法的拘束力を持つ、として協議を強攻し
そして、協議の場ではまたもや趣旨をゆがめた採択がとられ、
結局、最初の八重山地区で採択した教科書は不採択となってしまったのです。

このあたりから表立ってきたのでしょうかね?
「国(文部科学省)は指導しないのか?」と。

しかし、
民主党野田内閣になり
幹事長が事もあろうことか輿石という日教組のドン。
そして文部科学政務官に神本美恵子、首相補佐官に水岡俊一両という日教組出身の2人を起用しています。
文部科学大臣は中川正春。
この人、「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」に参加しています。

あーあ、しかしこんなヤツばっかだなぁミンス党は。

これじゃ文科省も動かないか。

日教組から言えば育鵬社や自由社などは自分たちの思想に反する教科書だから
そりゃ動こうなんて気もないし、
そもそも日教組は教科書採択については学校単位でいいんじゃねーか、と言っているようで
そりゃ好都合ですわな。
今回の騒動で、やっぱり学校単位でいいんじゃね?
と世論をあおることも出来るし。

しかし国が何も統制とれなくて、そんなことでいいのでしょうかね。
なんでも介入しろ、というわけではないですが
明らかにおかしなことをしているのです。
しかも思想的に左巻きな人たちの運動に迎合するかのような県教育委員会の動き。
これはやはり正さなければいけないでしょうに。

明らかに間違ったことをごり押しして筋を通すようなことを野放しにしておいて
それで教育が正しくなされるとは思えないです。
と、アカまみれのこやつらに言ってもわからないんでしょうね

野党のみなさんはマジで一刻も早くつぶしてください。