この世に生を受けようとしましたが、
まだそのタイミングではないと
去る運命であった魂がありました。
現実の世界では、流産したり、死産の
ような形で産まれる子ども達です。
魂が抜けるだけ。誰のせいでもありません。

それは決まっていたことなのですが、
母親は小さな命をどうか助けてください
と切に願います。
そこで悪魔がささやくのです。

大切なものと引き換えに助けてやる

そう聞こえてくると、母親はなにものにも
変えられないと承諾をしてしまいます。
抜けるはずであった魂はそこに残され、
生を受けることになります。しかしながら
そこで交わした契約は一生涯続くのです。
子育てをしていくうちに、その約束をし
たこともすっかり忘れてしまいますが、
契約は続いています。

その大切なものとは…

その子どもの一生です

産まれおちた瞬間から、悪魔の操り人形
として生きるのです。
もちろん、人並みはずれた能力も幼い頃
からもちあわせています。悪魔がついて
いるのですから、当然です。

生前の契約は
一生涯破れません

産まれてくるべき魂は、初めは確かに
天使でした。しかしながら、そうでは
ないものもあるのです。
今あなたの周りで特別な能力があると、
ちやほやされている子ども達を真実の目
で見てください。
どうか本物であることを願います。



私の脳裏に浮かんでいる数字は、
九割九部八厘です。
これは、なんの数字だと思われますか。
ネット社会には、99.8%のにせものがい
て、本物は0.2%だということです。
本物は表に出てきません。かつては本物
であっても、どんどん消えてきています。
これが今の現実です。

あなたが、もし判別がつかないのならば
今すぐスピ業界から離れるべきです。
罠はそこらじゅうにあります。