Amazonミュージックアンリミテッド、すごいです。

 

image

 iTunesや他の音楽配信サービスも同じような感じなんでしょう。こんな人のこんな曲、ないよね?と思って検索しても大抵ある。特にクラシックは実店舗に置いてあるものは非常に限られるので助かります。

 

 …これが月額780円ですって。(Amazonプライム会員以外の方は980円)

 

 さて。

 

 よく把握できていない事案にとりくむ時、心の中の「音」を考えると「無音」なんじゃないかと思います。

 

 それが分析が進みだんだん全体像が表れてくると、それに音が付くような感覚があります。

 

 重たい事案は重厚なオーケストラの交響楽。

 

 創業プランをあれこれ考えるときにはアコースティックギター。

 

 金融機関との打ち合わせを伴うとき、その資料を作るときには、

 

 「マーチ」。

 

 「ここでこの話を入れて」

 「こういうお願いの仕方をすれば、うなずきやすいはず」

 「最後はこう〆て」

 

 頭の中で打ち合わせのシュミュレーションをするのですがそれが終わる場面では、「ジャン、ジャン、ジャン!」でマーチも終わります。

 

 (ラデツキー行進曲の最後で脳内再生してください)

 

 頭の中でマーチが鳴らないときもあります。

 

 「きちんと整理がついていない」。

 

 きっと私の脳も何を鳴らしていいのかわからない状態なんだと思います。

 

 どんな結果が出るか恐れず手を動かすこと。きちんと全体が見えたあたりからだんだんと音が鳴り始めます。

 

 

 

 ↓消費税引上、秒読みに入ってきました。その陰で進む「インボイス制」の影響とは。 

 

 youtube番組の発信、2年目に入りました。チャンネル登録いただけると大変助かります!