平成30年北海道胆振東部地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

 今回の震災の影響が各所に表れ始めています。

 

 観光業はキャンセル多数。直接施設が被害を受けたわけではない地域でもキャンセルが相次いでいます。インバウンドは明かりが消え発着を停止した新千歳空港の様子や全道で停電、という情報が拡散され、「今いかなくても」「いくなら日本のほかの地域へ」という感じになっています。

 

 運送業も地震後荷が止まった状態が続き、正常通りの配送に復旧するのは今日午後から明日になる見込みです。ガソリンの確保もネックになっています。地震が6日早朝でしたので平日で2.5日、土日も入れれば4.5日分の荷を失ったわけで大きな影響がでています。

 

 すぐ相談できるものとして、以下のものがあります。

 

1.日本政策金融公庫、商工中金など

 

 「災害復旧貸付」を実施します。通常の貸付枠と別枠の取扱となり担保条件も弾力的に運用します。

 

 日本政策金融公庫 道内支店連絡先と支店の管轄地域

 

 商工中金 道内支店連絡先

 

2.セーフティネット4号保証

 

 北海道信用保証協会が災害により業績の悪化した企業に付保を行うものです。

セーフティネット4号保証のリンク先はこちら

 

 通常保証枠とは別枠、保証割合100%となります。

 

 適用地域は近日中に公表されます。