先日、行こうと思って予約を入れていたセミナーがありました。

 「きっとうまくいくビジネスマン講座」。

 前回コラボセミナーをさせていただいた中村信仁社長、エントモこと遠藤友彦さん、ビジ髪の柳本哲也さんのコラボでした。

 この日は地方日帰りの予定でしたが帰着が遅れ欠席に…。ガーン

 が、事前に予習を、と思い本を読んでいましたので今日はその記事で。

 まずはぽちっと応援お願いします人気ブログランキングへ


 

遠藤 友彦
Amazonランキング:12611位
Amazonおすすめ度:



 考える野球。

 私が感じることですが、

 「コンサルタントは芸人である」。

 自分の芸(コンサルティング)だけで生きていくという意味では芸(コンサルティング)に懸けるプロ意識が途切れたらおしまいです。

 このブログでも過去一流のスポーツ選手がどれほど試合の前に頭を使っているか、「考えているか」を書きました。私もつい最近まで、プレーそのものの凄さだけに目を奪われてきましたが、「戦術」「事前のトレーニング」「メンタル面の強化」などやっとスポーツの奥深さに目が向くようになってきました。

 中村俊介選手の場合⇒

 考えること。

 弊社のコンサルティングの主戦場である、ビジネスでも大事です。というか、「うまくなるには」「結果を残すには」という切り口では全く同じノウハウが使えます。

 挨拶する、ありがとうと言う、時間を守る(お客様に迷惑をかけている部分あり)、学ばせていただきました。

 そのエントモさんがウガンダと野球を通じた国際交流を実現してしまったいきさつをまとめたのが、



 この手の本には弱い…です。泣きそうになります。

 エントモさん、近くお会いする機会もあろうかと思います。楽しみです!

 最後、おまけです。



 4年間の甲子園大会のデータを徹底分析した本です。

 「送りバントをしても強攻しても結果はあまり変わらない」など面白い分析結果が出ています。

 これを是非、プロ野球でやってほしいものですが…チーム数が少なく、同じ選手が何度も登場する分、データの精度はすごく上がるように思います。

 この本を読んで、必勝法を思いついてしまいました…。ヒミツですが。




↓ついつい登録してしまいました。ぽちっ、とクリックお願いします。

 人気ブログランキングへ帽子のターンアラウンドマネージャー札幌を行く - 認定事業再生士のブログ


 筆者山崎誠の経営する事業再生専門コンサルティング会社「株式会社 スター・ターンアラウンド・パートナーズ」
 筆者山崎誠が運営するネット書店 「街コンのビジネス家」
 筆者のブックログ「再生コンサルタントの書棚/CDケース」
 筆者山崎誠のもう一つのブログ、「ターンアラウンドマネージャー本日のお楽しみ」