旅行の3日目、最終日ですニコニコ

お部屋からの磯ビューよ、さようなら・・

この英虞湾(あごわん)に浮かんでる「いかだ」みたいなのは真珠養殖だったのかもですね・・ミキモト真珠島に同じ形のやつあったよな・・おねがい

 

 

ホテルチェックアウト時に手持ちの荷物以外は家に送りました。

まわりゃんせチケットで近鉄指定のホテルに宿泊した場合、荷物を1つゆうパックで送ってもらえるというサービスがあるのでそれを利用しました。

送り先は日本国内ならOKで、配達日も指定できました。便利ですねえ・・ニコニコ

 

 

 

賢島駅から伊勢市駅に向かい、JRで二見浦駅に向かいました。

二見浦(ふたみがうら)といえば、関西の小学生時代の修学旅行で行き先になることが多い場所です(たぶん。私も先輩も相方もそうだったので・・)

 

 

修学旅行ではバスで乗り付けましたが、今回は電車。1時間に1~2本しかないので効率よく回らなければなりません!と、心では思ってますけどうまくいったためしはありません!(笑)

今回もJR乗換時は駆け足でしたびっくり

 

 

走ってホームに着いたのに、電車の扉が開いておらずおろおろ・・

どうやら、決まった扉しか開かないシステムみたいでした。そんなんあるんですか・・びっくり

開いている扉に移動して乗り込み、二見浦駅に着いたら今度は進行方向の一番前の扉のみ開きました。どうやら無人駅のようで、降りるときに運転手さんに切符を渡して降りるシステムです。へー。バスみたい・・びっくり発見がいっぱい。

 

ワンマンカーって書いてあったので、無人駅のある電車だとこういうシステムがあるんですね。

 

 

地図を見ながら10分ぐらいぶらぶら歩きます。

海に沿っていくと二見浦の夫婦岩がじゃーんと登場しました。

岩の並びはこんな感じ。写真の撮り方が悪くて獅子岩と烏帽子岩が重なってますね。。

小さいけど、こっちの方がちゃんと写ってるかな。。

5月から7月の早朝であれば、看板にあるように男岩と女岩の間から、ご来光が見られるみたいです。

この日はそもそも曇ってたし時間も写真撮ったのはお昼前です・・

 

 

 

夫婦岩を横から見たらこんな感じでした。鵜らしき鳥が羽を休めるために止まっていますね・・

 

看板では「烏帽子岩」と書かれている岩は、最近形が変わってきて、蛙岩も言われるようになったとのことです。確かに、蛙に見えます・・

 

夫婦岩の説明はこんな感じでした。次は12月に大注連縄の取替えをするみたいです。

 

 

この後、賓日館(ひんじつかん)を見学しました。

この賓日館は皇族や要人の宿泊・休憩施設のようで、古いけど丁寧に使われているお金持ちの家、って感じがしました。

 

 

翌日になにかのイベントがあるらしく、業者の人が入っていろんなものを動かしていたので、いつもの状態ではありませんでしたが、だいたい雰囲気だけ記録します。

 

 

代表的なのはこの広間のようです。

100人ぐらいは座れそうでした。でも、舞台は傷んでいるようです。昔はここでお能等を披露していたのでしょうねえ・・

シャンデリアも立派!

ちょっと右下部分に翌日のイベント(結局なんのイベントかは教えてもらえなかった)の機材が写ってしまっていますが・・

 

この舞台に描かれている松の絵は、地元の日本画家・中村左洲(さしゅう)さんの「老松」という絵なのですが、そばに座ってみると立体的に、浮き上がっているように見えます。舞台のセットのような感じがしました!

 

 

賓日館の中には中村左洲さんの絵が集められた資料室があったのですが、この部屋のみ撮影禁止でした。見事な鯛の絵(「群れ鯛」?やったかな??)等が展示されています。鯛って群れになるのね・・

とても生き生きした絵で、ほんとに泳いでいるように見えますおねがい

 

 

賓日館の資料を見たところによると、中村左洲さんの家業はもともと漁師さんだったみたいで、絵の才能はあったけど家業を継いでいて、いろんな魚を見ていたので魚介類を書くのが上手なようでした。そりゃあ小さい頃から本物を見てるというのは違うよな・・と納得。

 

 

さて、賓日館の障子の桟(さん)の形はとてもおしゃれでしたが、壊れてしまうともう直す職人さんがあまりいないのだそうです。

 

個人的にはこんなあっさりした形もかわいいなと思いました。松葉ですね・・

 

お庭もよかったんですが、業者の人がたくさんいていろんな機材を置いてたので2階からの眺めを部分的に・・

ザ・日本庭園ニコニコ

お庭に水琴窟が2つありましたよ。

 

 

 

この後、またもJRの電車が来る時間が迫っていることがわかり、駅まで走りました(笑)どんだけ・・落ち着きの無さよ・・真顔

 

 

 

お土産を買うために伊勢市駅に戻ったのですが、すでに13:00を過ぎており、どの店にしようかなーと見て回るうちにランチタイムが終了していきました真顔

 

 

 

というわけで、ちょっと離れたところでまだ開いてたフレンチレストランをやっと見つけてありついたランチがこちら

おしゃれー

全て、地元で取れた食材で調理されているとのことでした。どれもめっちゃおいしかったです。

この日、誕生日だったんで、先輩がご馳走してくれて、余計おいしかったです(笑)

 

 

私が旅行に行っている間も仕事をしていた相方に、おみやげはなにがよかろうか?と聞いたところ

 

赤福!はあんこだしー(相方はあんこが苦手)

ヨーゼフ!は犬だしー

 

と、「家庭教師の○ライ」のCMみたいなことを言っていましたが、最終的には「二見浦の岩のオブジェでええわ」と言われ、探しましたけどね・・

 

そんなもん売ってなかったよね・・真顔

 

 

というわけで、安定の松坂牛のしぐれ煮にしました。まるよしの。あれはおいしい。

あれと、シェル・レーヌ(貝殻型のマドレーヌ。って大体マドレーヌは貝殻型ですけどね)

三重のお土産としてはこの二つは鉄板。と私は思います。

 

そして家路に着く特急を待ちながら伊勢の参道カフェでカステラ食べました。伊勢市駅前は、この店以外もう閉店してました。まだ18:00前ですよー

 

白っぽいほうが確か、パールパウダー入りとかなんとか・・言ってました。上にきらきらした粉?がかかってましたよ。

パールの粉は健康食品に入れたりもするみたいです。クレオパトラも真珠を溶かして飲んでたらしいし、美容にもいいんじゃないかな・・

とてもおいしかったでーす!

 

 

と、いうわけで無事に帰ってきて、それからずーーーーっと雨でした。台風は来るし・・

旅行の期間、雨にならなくてほんとによかったです口笛

お天気の神様に感謝しております・・

 

 

 

そして長々とお読みいただいた皆様にも感謝いたします!

どうもありがとうございました!おねがい