最近、転職転職転職ブーム?


そんなこっちゃオレにとっちゃーどうでもいいことですが、

考えている人はまぁ深刻でしょうと。


しかし、ちょっと転職するでもやめるにしても、ちょっと考えようと。



何も考えてないで転職するなり

考えなしに今いる職場を去る人に長続きはしないと思いますので

その辺は十分考慮されたし。



まずは自分の中で なぜやめるのか? 何がしたいのか? 

を再度思い直すことが大事だと思うわけだ。


やめる理由は見つかれども、何がしたいのか? が見つからずに

ただ今の環境がいやだという人は大勢いると思うのだ。



そうしたときにまずやることは2つほど。


①入社するときのキモチと考えを思い直す。

何がやりたくて、何があこがれてここに入ったのか?

惰性か? 夢の通過点か? 

何かを学ぶためか? 会社を利用して何かを達成するためか?



②自分の命があと1ヵ月、いや3ヶ月あるとすればなにをしたい?

会社の話抜きで考えよう。

あんたが一番したいこと、するべきこと、

友達や家族、愛する人に対して残す自分の足跡はどんなものにしたい?


そこを考え抜いて思いついた結果を行動するとき、

それは今の会社でもできるか? できないか?

しておいたほうがいいのか? しておいても何もかわらないのか?

後悔はしないか? 思い残しはないか?




やめるのは簡単。


入るのは難しい。


お金も稼ぐのは難しい


使うのは簡単。



苦労するのは一緒。



短期で見るのと長期的に見るのとでは、

そのときのいろいろな「ひずみ」の大きさ、感じ方はぜんぜん違ってくる。



あなたの築いてきた職務経歴書、それは誰のため? 何のため?



一番理想的なのは、その職務経歴書は、誰のためでもなく、

自分の幸せのために働かせるのが一番。


そうだろう?