学ぶ力を身に着ける

テーマ:

<学ぶ力を身に着ける>

 

本日新人研修を終えたばかりの学生とお会いしました。
慶応卒の22歳。
スーツ姿がういういしぃ。


今日はいろいろと会社内の役割と事業について聞きまわりつつ
細かい仕事を集め、一心不乱に取り組んでいた。


彼はもともと学生時代にベンチャーを立ち上げた会社を
2社回っており、そこでバイトをしていたんだとか。


自慢ではないが、僕が今かかわっている仕事の会社は
おせじにも上司の面倒見がいいとはいいがたい。
どちらかというと、いつも手持ち無沙汰の人がいるぐらいで、
そんなところに配属された彼は初日から腐らないかと心配していたのだ。


しかし、その心配事とは裏腹に、彼は次から次へと何かを探しては
調べ物をし、自ら何かを書面にしたためているのでした。


何をしているのか聞いてみたところ、


「いやぁ、僕がいままでやってきたことが、
 ここでどういかるかを調べているんです。
 こんな企画とかどうですかね?」

 

と、どこかコイツはおかしいんじゃないか? 
と思うぐらいの適応力というかやる気を見せているのを見て
驚かされたわけであります。


これは僕の考え方でもあるのですが
「ベンチャーって基本は仕事はないんです。
 昔から仕事は自分で作り出すもんだと思っているんですよ。」

と彼は言いました。

 


なるほど、

こいつは大丈夫だ。

 


一昔の企業や、コテコテの役所タイプの企業では
考えられないケースであるが、
ひょっとすると今の意欲の高い人っていうのは
ここまでの学ぼうとする力と、
仕事クリエイト力があるのだろうか? とふと感じました。

 


先日お会いした22歳の女子大生しかり、
本日の22歳の新入社員しかり。

 


いまどき珍しいワカゾーであると思うものの、
実のところ、そんなことはなく、

 

一方ではニートの増加、一方ではすでに起業家を目指して
考えて生きているタイプが多いのを見ても、
これは近い将来はっきりとした大金持ちとその差が出てくるのでは
という、将来像の片鱗を見せられているような気がしました。

 

「クリエイトな仕事をしたい」と語る人が多い世の中で
自ら仕事を作り出す人たち、
作り出したいために考えている人たちがいます。


そういう点では、彼らも一種のクリエイターではないでしょうか。
なにもものを作ることばかりがクリエイターではないのは
みなさんご存知のとおりですが、学び、考え、
そこから自分の思い、やりたいこと、やるべきことを作り出す。

 

それこそ僕ら、起業(and企業家)を目指す人たちが身に着けたい
学ぶ力なのであります。