9/22『動物愛護について』トーク⑥ふれあい広場の犬たち | Theory Q

Theory Q

一瞬で消えてしまう感覚。そいつを追いかける。


テーマ:

9月22日(金)に開催した第5回目の個展、

『9B’s LAB.from STANDARD FOX #5』。

 

「動物愛護について」のトーク続きです。

 

9/22『動物愛護について』①消えた猫たち

 

9/22『動物愛護について』②龍が動物の仕事に就かない理由

 

9/22『動物愛護について』③神奈川県動物保護センター

 

9/22『動物愛護について』④センターの地下室

 

9/22『動物愛護について』⑤処分室の廃炉

 

 

**********

 


2017年9月22日トーク
『動物愛護について』⑥ふれあい広場の犬たち

 

ここからは平和な写真なので、

安心してご覧いただけます。

 

 

******

 

 

最後に、ふれあい広場へ連れて行ってもらいました。

 

ふれあい広場には4匹の犬がいます。

彼らには(みんなオス)動物の命の大切さを教える講演に同伴してもらっている、

アイドル犬なのだそうです。

 

「あの子たちは本当に人懐こいから、

人の気配がするとみんなで鳴きはじめるんだよ」

 

ということでセンターの西側にある広場へ向かっていると、

待っている犬たちが早速吠え始めました。元気元気。


ふれあい広場への道

 

この辺りは以前にも少し記事で紹介しましたね。

 

広々とした小屋と庭。

写真には写っていないが、鳥なども保護されていた。

 

膝の上に乗るのが好きとのことで、ベンチに掛けるとぴょんと乗ってきました。


10年近く犬に触れる機会がなく、

そもそも小型犬に触れたことは思い出す限り記憶にありません。

 

猫のようなふわっとした感じを想像していたのですが、

意外とガシッとしていることに驚きました。

 

チワワの兄弟。手前が兄、奥が弟。

兄の落ち着きぶりが何とも頼もしい。

 

トイプー来た。みんな膝に乗るのが好き

 

兄。小さいけれど、意外と体はガシッとしている

 

弟はマイペース。

 

一番年下なのに顔がちょっと老犬に見える

ちょいちょい君。この子はマイウェイ。

 

あと、鼻が細い。

 

小さい犬は結構か弱いイメージがありましたが、

心身ともに逞しい感じがしました。

小さいのに、傍にいると安心感があって、

何だか嬉しかったです。

 

 

兄。小さいけど本当逞しい。

なんだか安心感を与えてくれる子。

 

膝に乗せたまま、センターから見える広い畑と空を眺めながら、

何十分そこに居たでしょうか。

頭の中が空っぽになって、余計な力が抜けていく感じがしました。

 

さりげなくセラピーうけていたんでしょうかね、わたし。

それはそれは、癒されましたよ・・・・・・

 

その後、程よい時間となりセンターを後にしました。

センターに来てから2時間半ほど。

色々なものを見て、考えて、感じました。

 

 

 

 

〔続く〕

龍 九尾さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス