解決策。 | リーマンとスロッターとバンドマンの狭間

リーマンとスロッターとバンドマンの狭間

パチスロを愛してやまないリーマン(兼バンドマン)が綴るパチスロ・パチンコに関するブログ。


テーマ:

遠方に行ったり負傷したりしている間に、気が付けば12月も一週間が経過しています。


本来ならば、年末年始に備えて色々と状況を見て回りたいところですが、やはり腰の痛みがあると思うようにいきません・・・orz


まぁ、今月上旬はボーナス時期でもあるので、傾向を探るには不向きだとは思うので、今の時期に自由が利かないのはある意味不幸中の幸いかもしれませんね。


現に、今日も実践や様子見を諦めて整骨院に行ってますしね。。。


ホント、早いところ傷みが治まってほしいところです。。。

 

閑話休題

 

色んな情報サイトを見ていると、かなり新機種の正式発表が増えていました。


中には、「やはり噂はガチだったか。。」と、リリースに納得できるコンテンツもありますが、正直なところ「今更?」や「誰得?」と言う感想を持たざるを得ない機種も少なくないです。


まぁ、どんなコンテンツだろうと、いち打ち手としては「長くホールで使ってくれるような機種」が望ましいんですけどね。


結局、量の増加が招くのは質の低下であり、ホール内での設置台数争い=メーカー同士の潰し合いでしかなく、結果的にどの機種も設置の短期化に拍車がかかる。と言うような悪循環になっている気がします。


ただ、メーカーだけが悪いかと言えば、必ずしもそうでは無いと思っています。


言ってしまえば、ホールにも打ち手にも非はあると思っています。


とは言うものの、もう各種規制を覆すのは無理ですし、今ある枠組の中でメーカーが、ホールが、打ち手がwin-win-winの関係となる状況を目指すしかないんですよね。


・・・と、口で言うのは簡単ですが、正直なところ、その状況になる確率はもはや奇跡的なものだと思っています。


常に浮き沈みを繰り返している業界だとは承知していますが、今直面している谷は想像以上に深いですからね。。。


そして、その谷からのV字回復を成し得る為には、何が必要なんでしょうね・・・。


少なくとも「新機種・コンテンツの投入」では無いと思っています。


いち打ち手として、今はただ業界動向を見守るだけしか出来ませんが、解決策はあるんでしょうかね・・・。


そんな感じの、少々真面目な駄文でした。

 


◆Twitter:@KSYuki_777

K.S.Yukiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス