タイソン・フューリーvsディリアン・ホワイト 「入札延期!」 WBC世界ヘビー級王座統一戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋45年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

1月11日(日本時間12日)に予定されていた、WBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英)と、暫定王者ディリアン・ホワイト(英)による王座統一戦入札は延期。フューリーの共同プロモーター、フンランク・ウォーレンは、「入札は来週17日(日本時間18日)か、18日(日本時間19日)になる」とコメント。WBCは報酬分配をフューリー80%、ホワイト20%とする事を決定しているが、ホワイト陣営は45%を主張し仲裁審理に訴える構えを見せており、その場合、解決には時間を擁する事になる。しかし、ホワイトのプロモーター、エディ・ハーンは入札へのに参加を否定しておらず、「入札に勝った場合、私達は戦いをしたい時に、したい場所で戦います」と話し、3月26日(日本時間27日)に試合を実現させたいというウォーレンを牽制している。今後、1週間の動向に注目。

 

JSBC・小林昭善スタイリッシュコース   ミニボクシンググローブ・ぺアセット キーリング

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー