1/7・最終期限! 京口紘人vsベルムデス WBAライトフライ級王座統一戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋45年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBAはライトフライ級スーパー王者京口紘人(ワタナベ)=15戦全勝(10KO)=選手と、レギュラー王者エステバン・ベルムデス(メキシコ)=14勝(10KO)3敗2分=による王座統一戦の契約締結最終期限を1月7日(日本時間8日)に設定。この試合は昨年11月12日(日本時間13日)の入札を前に京口陣営のマッチールーム・ボクシングと、ベルムデス陣営のグレッグ・コーエン・プロモーションが、対戦同意に達した事を報告し入札は取り下げられていたが、契約締結には至らず期限が延長されていた。マッチルームは2月9日(日本時間10日)の開催を計画しているという話もある。今後に注目。

 

JSBC・小林昭善スタイリッシュコース   ミニボクシンググローブ・ぺアセット キーリング

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー