井岡一翔vs福永亮次 「結果」 WBO世界スーパーフライ級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋45年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

12月31日、東京・大田区総合体育館で開催されたWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ。チャンピオン井岡一翔(志成)=27勝(15KO)2敗=選手に、同級6位福永亮次 (角海老宝石)=15勝(14KO)4敗=選手が挑んだ一戦は、井岡選手が判定勝ち。スコアは118-110、116-112、115-113。左強打を狙う挑戦者を経験、テクニックで勝る王者は随所にカウンターを決め試合をリード。危なげない勝利を飾った。2ポイント、4ポイント差はのスコアには驚かされた。

 

JSBC・小林昭善スタイリッシュコース   ミニボクシンググローブ・ぺアセット キーリング

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー