ロマチェンコ 「カンボソスJrへの挑戦希望!」 世界ライト級 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋45年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

テオフィモ・ロペス(米)を破り、WBO、IBF世界ライト級&WBAスーパー王座を獲得したジョージ・カンボソスJr(豪)に対し、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が挑戦へ名乗り。プロモーターのボブ・アラムは、WBOが1位のロマチェンコとカンボソスJrの指名戦を指令した場合、「オーストラリアへ喜んで行く」と明言。WBC王者デビン・ヘイニー(米)もカンボソスJrとの対戦を希望。WBA正規王者ジェルボンテ・デービス(米)も、対戦を指令される可能性が高くなっており、今後の動向に注目。

 

JSBC・小林昭善スタイリッシュコース   ミニボクシンググローブ・ぺアセット キーリング

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー