2/26 ジョシュ・テイラーvsジャック・カテロール 4団体統一スーパーライト級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋45年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

4団体統一世界スーパーライト級王者ジョシュ・テイラー(英)=18戦全勝(13KO)=の負傷により延期されていた、WBO1位ジャック・カテロール(英)=26戦全勝(13KO)=とのタイトル戦は、来年2月26日(日本時間27日)に英・グラスゴーのザ・SSE・ハイドロで開催。記者会見に臨んだ両選手は、「スコットランドに戻る事に興奮しています。先の話をするすつもりはありません。まずはジャックに勝つ事です」と言うテイラーに対し、「ジョシュは私のようなタイプとは戦った事は無いでしょう。最高のパフォーマンスを見せて、彼を打ち破る事が出来ると信じています」と、カテロールは自信の弁。好ファイトを期待!。

 

JSBC・小林昭善スタイリッシュコース   ミニボクシンググローブ・ぺアセット キーリング

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー