井岡一翔戦中止 「IBF王者アンカハス 来年1月V10戦」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋45年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

大晦日に東京で予定されていた、WBO世界スーパーフライ級チャンピオン井岡一翔(志成)=26勝(15KO)2敗=選手との王座統一戦が中止となった、IBF世界同級王者ジェルウィン・アンカハス(比)=33勝(22KO)1敗2分=は、来年1月にプロモート契約を結ぶPBC興行で、メキシコ人選手を相手に10度目の防衛戦に臨む模様。アンカハスをサポートするMPプロモーションのショーンギボンズは、「出来るだけ早く日本で井岡選手との戦いを実現させたい」としているが、大晦日からだこそ出せると思われる高額のファイトマネーを、延期後も提示できるのかは気になる所です。

 

JSBC・小林昭善スタイリッシュコース   ミニボクシンググローブ・ぺアセット キーリング

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー