WBA最新ランキング MVPカネロ 準VカンボソスJr 「前王者ロペスは6位」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋45年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBAが最新ランキングを発表。月間MVPはスーパーミドル級スーパー王者サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)。優秀選手にライト級の新王者ジョージ・カンボソスJr(豪)が選出された。ライト級王座を失ったテオフィモ・ロペス(米)は6位に降下。フライ級1位にモハマド・ワ-シーム(パキスタン)、スーパーバンタム級1位にはロニー・リオス(米)が昇格している。

 

JSBC・小林昭善スタイリッシュコース   ミニボクシンググローブ・ぺアセット キーリング

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー