ジョージ・カンボソスJr 「V1戦はオーストラリア!」 3団体世界ライト級王者 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋45年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

テオフィモ・ロペス(米)を破り、WBA、WBO、IBF世界ライト級王座を獲得したジョージ・カンボソスJr(豪)=20戦全勝(10KO)=は、初防衛戦を自国オーストラリアのシドニーまたはメルボルンで行う事を示唆。WBC世界同級王者デビン・ヘイニー(米)が望むなら次に戦っても良いが、「彼はオーストラリアに来なければいけない」とくぎを刺した。また、「私はいつでも130ポンドまで下げることが出来る」と、階級を下げての2階級制覇にも興味を示している。

 

JSBC・小林昭善スタイリッシュコース   ミニボクシンググローブ・ぺアセット キーリング

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

【WOWOW】日本全国に選りすぐりのエンターテインメントをお届けしているテレビ局

イベントバナー