テオフィモ・ロペスvsジョージ・カンボソスJr 「スコアカード」 4団体世界ライト級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋45年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

11月27日(日本時間28日)、米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン・フルシアターで開催された、 IBF&WBO世界ライト級、WBAスーパー、WBCフランチャイズ王者テオフィモ・ロペス(米)=16勝(12KO)1敗=対、IBF同級1位ジョージ・カンボソスJr(豪)=20戦全勝(10KO)=戦のスコアカード。グレン・フェルドマン(米)115‐112カンボソスJr、フランク・ロンバルディ(米)115‐111カンボソスJr、ドン・トレラ(米)114‐113ロペス。

 

JSBC・小林昭善スタイリッシュコース   ミニボクシンググローブ・ぺアセット キーリング

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー