カネロ・アルバレス 「歴史を作りたい!」 WBC世界クルーザー級王座挑戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

来年5月に予定する次戦で5階級制覇を目指し、WBC世界クルーザー級王者イルンガ・マカブ(コンゴ)=28勝(25KO)2敗=へ挑戦する事が決まった、4団体統一世界スーパーミドル級王者サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)=57勝(39KO)1敗2分=は、開催中のWBC総会でマカブと対面。マネジャー兼トレーナーのエディ・レイノソからこのプランを聞かされたというカネロは、「クレージーなプラン」と言いつつも、「私は歴史を作りたい。危険な挑戦ですが、私はそれが大好きです」と自信の弁。一方のマカブもそのKO率が示すように、控えめながらも「彼を倒したいと思います」とコメント。今後の交渉に注目。

 

JSBC・小林昭善スタイリッシュコース   ミニボクシンググローブ・ぺアセット キーリング

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー