新王者キコ・マルチネス 「マッチルームと契約」 IBF世界フェザー級 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

11月13日(日本時間14日)に英・シェフィールドで開催されたIBF世界フェザー級タイトルマッチで、痛烈なKO劇を演じ、約7年ぶりに世界王者に返り咲き、2階級制覇を達成したキコ・マルチネス(スペイン)=43勝(30KO)10敗2分=は、マッチルーム・ボクシングとプロモート契約が締結されている事をエディ・ハーンが明らかにした。ハーンは前王者となったキッド・ギャラード(カタール)=28勝(17KO)2敗=に、もう一度チャンスを与える意向。35歳、マルチネスの今後に注目。

 

JSBC・小林昭善スタイリッシュコース   ミニボクシンググローブ・ぺアセット キーリング

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング