ムンギアvsロサド 「ファイトマネー・メイン~4回戦」 DAZN放映興行 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

11月13日(日本時間14日)に米・カリフォルニア州アナハイムのホンダ・センターで開催された、マッチルームUSA主催のDAZN放映興行のファイトマネー。ハイメ・ムンギア(メキシコ)115万ドル(約1億3100万円)、ガブリエル・ロサド(米)60万ドル(約6840万円)。10回戦アレクシス・ロチャ(米)7万5千ドル(約860万円)、ジョバニ・バラサ(コロンビア)2万ドル。10回戦デメトリアス・バラード(米)2万5千ドル(約230万円)、ポール・バレンスエラJr(メキシコ)1万5千ドル(約170万円)。WBA米大陸戦ウィリアム・セペダ(メキシコ)、ジョン・ビンセント・モラルデ(比) は共に2万ドル。女子10回戦アレリー・ムシーノ(メキシコ)5千ドル(約57万円)、ジャッキー・カルボ(メキシコ)8千ドル(約91万円)。4回戦アレハンドロ・レイズ(4戦全勝)2500ドル(約28万円)、オスメル・マヨルガ(2勝2敗)2千ドル(約23万円)。4回戦ホルヘ・チャべス(デビュー)と、ジルベルト・アギラール(3戦3敗)は共に1500ドル(約17万円)。4回戦アサ・スティーブンス(1勝)4千ドル(約46万円)、フェリックス・メンデス・バスケス(1敗)1500ドルとなっている。

 

JSBC・小林昭善スタイリッシュコース   ミニボクシンググローブ・ぺアセット キーリング

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー