WBC最新ランキング MVPフューリー 準V矢吹正道 1位寺地拳四朗 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBCが最新ランキングを発表。月間MVPはヘビー級王者タイソン・フューリー(英)が選ばれ、フライ級の新王者矢吹正道(緑)選手が優秀選手に選出された。矢吹選手に王座を追われた寺地拳四朗(BMB)選手は1位。フューリーと倒し倒されの死闘を演じ、敗れたディオンテイ・ワイルダー(米)も1位に据え置かれた。スーパーフェザー級王者オスカル・バルデス(メキシコ)に善戦健闘したロブソン・コンセイサン(ブラジル)は、15位から4位にランクアップされた。

 

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー