11/27「開催浮上!」 テオフィモ・ロペスvsジョージ・カンボソスJr 世界ライト級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

11月27日(日本時間28日)に米・ロサンゼルスで予定されていた、ジョジョ・ディアスJr vs ライアン・ガルシアのDAZN放映興行が消滅した事により、 IBF、WBO世界ライト級&WBAスーパー、WBCフランチャイズ王者テオフィモ・ロペス(米)と、IBF1位ジョージ・カンボソスJr(豪)の指名戦が、同日開催される可能性が出て来た。興行権を持つエディ・ハーンとDAZNは、この週末に会場を確保し開催実現へと動く。

 

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー