元WBCライト級王者M・A・ゴンサレス(東京三太)「リハビリ施設へ入院!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

アルコールと麻薬による中毒により、メキシコシティでホームレス同然の生活を送っていた、元WBC世界ライト級V10王者ミゲル・アンヘル・ゴンサレス(メキシコ)は、兄弟の署名を取り付け、ボクシング関係者の努力によりリハビリ施設に入院。回復への道が切り開けられた。かつてグローブを合わせたフリオ・セサール・チャベスは、ゴンサレスが完全に回復するまでサポートする事を、WBCと共に表明している。動画はWBCからのサポートに感謝する、ゴンサレスの息女フェルナンダ・ゴンザレス。

 

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー