【Photo】 タイソン・フューリーvsディオンテイ・ワイルダー 計量 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

10月9日(日本時間10日)に米・ラスベガスのT-モバイル・アリーナでゴングを迎える、WBC世界ヘビー級タイトルマッチに出場する、王者タイソン・フューリー(英)=30勝(21KO)1敗=と、前王者ディオンテイ・ワイルダー(米)=42勝(41KO)1敗1分=が、同地で前日計量に臨んだ。

 

 

司会はジミー・レノンJr。

 

 

マウリシオ・スライマンBC会長(上写真)と、フューリー陣営のボブ・アラム(右)、フランク・ウオーレン両プロモーター。

 

 

ワイルダー陣営のトム・ブラウン(アル・ヘイモンのPBC 興行のほとんどを請け負うTGBプロモーションのプロモーターで故ダン・グーセンの義弟)と、シェリー・フィンケル・マネジャー(右)。 

 

 

中央jはアル・ヘイモンの右腕的存在のサム.・ワトソン。

 

 

対戦表。

 

 

計量はフューリーがシャツ、帽子、マスクを付けて277ポンド(約125.8キロ)。ワイルダーは238ポンド(約108.1キロ)で、共に過去最重量を記録。3度目の対戦となる両選手は過去、フューリーの1勝1分。果たして今度は?。試合の模様はWOWOWで10日、午前11時から生中継。

 

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー