WBCヘビー級 「フューリーvsワイルダー勝者」 暫定王者ホワイトとの対戦を指令! | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBCは10月9日(日本時間10日)に米・ラスベガスのT-モバイル・アリーナで対戦する、世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英)と、前王者ディオンテイ・ワイルダー(米)の勝者と、暫定王者ディリアン・ホワイト(英)との対戦を指令。ホワイトは10月30日(日本時間31日)に英・ロンドンのO2アリーナで、IBF12位オト・ヴァリン(スウェーデン)相手の防衛戦が決まっており、これに勝つ事が条件となる。

 

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー