エストラーダvsロマゴンⅢ 「12月開催へ!」 世界スーパーフライ級戦 | BOXING MASTER
新型コロナウイルスに関する情報について

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

前WBA世界スーパーフライ級スーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)の新型コロナウイルス感染により延期されていた、WBC世界同級フランチャイズ&WBAスーパー王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)との3度目の対戦は、12月の第2週、もしくは第3週の週末に、米・カリフォルニア州での開催へ向け交渉は最終段階。既にロマゴンは米・カリフォルニア州コーチェラでのキャンプ開始準備も終了。また、両選手のファイトマネーは100万ドル以上になる見込みである事が伝えられている。放映はDAZN。

 

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー