テオフィモ・ロペス IBF指名戦 「1位カンボソスJr・Triller興行権の無効を請求!」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

 10月4日(日本時間5日)の米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン・シアター開催から、10月16日(日本時間17日)に米・ニューヨーク・ブルックリンのバークレイズ・センター開催への移動が伝えられた、、IBF、WBO世界ライト級&WBAスーパー、WBCフランチャイズ王者テオフィモ・ロペス(米)と、IBF1位ジョージ・カンボソスJr(豪)の指名戦は、ロペスが契約書へ署名した事が明らかになっているが、カンボソスJrは同意する条件として、30万ドル以上の報酬アップを要求。しかし、Trillerの共同創設者ライアン・カバノフは、これまで延期に要する費用として多くの金額を支払って来た事を理由にこれを拒否。これに対し、カンボソスJrの弁護士グレッグ・スミスは、IBFにTrillerが入札で得た興行権の無効を請求。果たしてどうなるか?。

 

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー