10/16 テオフィモ・ロペスvsジョージ・カンボソスJr 世界ライト級4団体戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

10月4日(日本時間5日)に米・ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン・シアターで予定されていた、IBF、WBO世界ライト級&WBAスーパー、WBCフランチャイズ王者テオフィモ・ロペス(米)と、IBF1位ジョージ・カンボソスJr(豪)の指名戦は、またもや開催日が移動。10月16日(日本時間17日)に米・ニューヨーク・ブルックリンのバークレイズ・センターで行われる事が確認された。601万8千ドル(約6億6610万円)でこの試合の興行権を落札しているTrillerは、MSGにキャンセル料10万ドルを支払い、1万9千人収容の新会場を押さえ、人気ラップバトルシリーズ「Verzuz」とのジョイントで、PPV売り上げ拡大を見込んでいる。

 

ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー