10/5 ノックアウトvsポンサクレック WBA世界ミニマム級スーパー戦 | BOXING MASTER
新型コロナウイルスに関する情報について

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

WBA世界ミニマム級スーパー王者ノックアウト・CPフレッシュマート(タイ)=21戦全勝(7KO)=に、同級6位ポンサクレック・ナコンルアンプロモーション(タイ)=23勝(13KO)6敗1分=が挑むタイ人同士のタイトル戦は、10月5日タイ・ブリラムで開催。この試合はタイ国内での新型コロナウイルス感染拡大により、5月、7月と2度延期されていた。昨年3月以来のリング登場となるノックアウトは、13度目の防衛戦となる。


ミニボクシンググローブ・ぺアセット ミニボクシンググローブ・キーリング

イベントバナー