ウシクvsジョシュア 「来年再戦へ!」3団体世界ヘビー級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

9月25日(日本時間26日)、英・ロンドンのトッテナム・ホットスパー・スタジアムで開催された3団体世界ヘビー級戦で、アレクサンデル・ウシク(ウクライナ)=19戦全勝(13KO)=に判定で敗れ、WBO、IBF世界ヘビー級&WBAスーパー王座を失ったアンソニー・ジョシュア(英)=24勝(22KO)2敗=は、再戦条項を行使しウシクとの再戦に臨む考えを明らかにした。プロモーターのエディ・ハーンは、来年2月、または3月の開催を示唆。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

イベントバナー