カネロvsプラント 「記者会見で殴り合い!」 4団体統一世界スーパーミドル級戦 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

11月6日(日本時間7日)に米・ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで対戦する、WBC、WBO世界スーパーミドル級&WBAスーパー王者サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)と、、IBF世界同級王者カレブ・プラント(米)が、米・ロサンゼルスで記者会見に臨んだが、いきなり殴り合い。プラントはかけていたサングラスの影響で、右目下に小さな傷を負った。派手な前宣伝となったこの試合のShowtime PPVによる販売価格は、75ドル以上になると予測されている。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

イベントバナー