10/16 マイキー・ガルシア / エルウィン・ソト / エステバン・ベルムデス | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋43年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。

10月16日(日本時間17日)に米・カリフォルニア州 フレズノのチャックチャンシー・パークで、元4階級制覇王者マイキー・ガルシア(米)が、WBA世界スーパーライト級7位、WBC8位、WBO12位サンドロ・マルティン(スペイン)と、145ポンドのキャッチウェイト12回戦で対戦する事が正式発表。アンダーカードでは、WBO世界ライトフライ級王者エルウィン・ソト(メキシコ)と、同級1位ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)の指名戦。WBA世界ライトフライ級レギュラー王者エステバン・ベルムデス(メキシコ)が、同級2位ジェシー・ロドリゲス(米)を相手に初防衛戦に挑む。しかし、ベルムデスに同級スーパー王者京口紘人(ワタナベ)選手との戦いを指令しているWBAは、現段階ではベルムデスvsロドリゲスを承認していない。

 

【ミニ・ボクシンググローブ】   ペアセット キーリング

イベントバナー